マイナンバー収集時の注意点

マイナンバー制度の開始にともなって、民間事業者はこれまでの業務に加えて自社の従業員だけではなく必要に応じてその扶養家族のマイナンバーを収集するといった新たな業務をしなくてはならないことになりました。

マイナンバーの収集の情報を知りたい方必見です。

これは従業員の社会保障や確定申告などの手続きをする際に行政機関に提出をする書類に個人番号を記載しなくてはならないという決まりができたからです。

しかしながら、国民の一人ひとりに割り振られたマイナンバーというものは非常にプライベートな個人情報であるので、その収集にあたってはさまざまな決まりがあります。


たとえば、マイナンバーの収集は社会保障や確定申告の手続きをすることを目的とした場合に限定されています。

日本経済新聞に関する情報満載のサイトです。

それ以外の目的で個人番号を収集することは認められてはいません。
また、個人番号というものは前述したように非常にプライベートな個人情報であることからその保管方法にも厳格なルールが定められています。社会保障や確定申告の手続きが終わった際には収集した個人番号はそのまま保管しておいていいのではなく、当初の目的な達成したのちには破棄する必要があるのです。また、個人番号の破棄については焼却や専用のソフトを用いて復元が不可能な状態にする必要があります。



このようなマイナンバーの取り扱いのルールを守らなかった場合、個人情報の流出などの深刻なトラブルが発生してしまうことになります。

個人番号を取り扱う際には細心の注意が必要になってくるのです。