マイナンバーのサービスで適切な管理を実現

個人情報の中でも特に重要度が高いマイナンバーは、個人を特定できる国民番号として、適切な取り扱いが求められています。

マイナンバーの収集について考えます。

しかし、その一方で、官公庁へ提出する書類の一部に記載する必要があり、社内でマイナンバーを常に適切に扱うのは難しい局面もあります。

マイナンバーのサービスでは、丸ごとアウトソーシングすることも可能で、物理的に社内からの漏えいを防げるのが大きなメリットです。
従業員から収集してくれるサービスだけでも、会社の人事に関するコストを大幅に削減できます。
人事部の社員や現場責任者である店長などが直接収集していては、短時間で多人数をチェックすることから一部の従業員の分が抜けてしまう、あるいは、誤った番号で記載してしまう等のミスが懸念されます。

Yahoo!ニュースについての情報を簡単に探すことができます。

忙しい業務の合間を縫って行うため、集めた番号を一時的に机の上に置いたままにしてしまう恐れもあります。



その点、マイナンバーを収集から管理するために組織された専門業者のサービスでは、専任の担当者だけが閲覧できる環境で、公的な身分証明書による本人確認と、行政からの通知書によってマイナンバーの確認を徹底しているので安心です。制度や手続きの方法などの説明についても、専門のコールセンター等が一手に引き受けてくれます。

個人に対してそれぞれ連絡をしてくれて、法令上の義務を全て満たした状態で収集してくれるので、このサービスを利用する企業が増えています。

収集した結果であるリストだけもらうこともできますし、他のオンラインサービスと組み合わせて、ほぼ全てサーバー上で処理させることも選べるのが特徴です。